自分でできる水道の修理と応急処置を試してみる

水漏れを発見したらそのままにせず、自分でできる修理や応急処置をしてみます。水を流れたままにしておくと、電化製品が壊れてしまったり、絨毯やカーペットが濡れることでカビが発生する原因となるからです。また2階や3階で水漏れが起こった場合は、階下へ影響を与えることがあるので早急な処置が必要となります。

■簡単にできる応急処置

まず水漏れを起こしている止水栓の場所が分かる時は、止水栓を止めてしまいます。そうすることで水が漏れる心配はなくなります。キッチンやトイレなど、どこの止水栓か分からない時は、水道メーターの近くに全ての水の流れを止めることができる止水栓があるので、そちらを止めてしまうのが早いです。止水栓の場所が分からない時は、漏れている水が少量であるならバケツで水を受けます。汚れている水なら、修理が終わった後で処理し、綺麗な水なら植物にあげるなど再利用が可能です。大量の水が溢れている時はタオルやビニール袋を被せてみます。そうすることで、一時的に水の勢いを弱めることができます。

■簡単にできる修理方法

水漏れ箇所が特定できた時は、簡単にできる修理方法を試してみます。蛇口のひねる所が原因の時は、ナット部分を強く締めることで水漏れを止めることができます。しかし締めすぎると破損するので注意が必要です。排水管から水が漏れている時は、専用の排水管テープを使用します。補修部分を綺麗に掃除し、時計回りにテープを巻き付け、最後にホースに圧着するだけで簡単に修理することが可能です。さまざまなテープを手に入れることができるので、予算と用途に合わせて選びます。

■まとめ
水漏れ箇所を特定できたら、簡単な修理と応急処置をすることができます。しかし、あくまでも応急処置ということを忘れてはいけません。水漏れは根本的に解決する必要があるため、水道の修理を専門に行っている業者に修理依頼することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ