修理依頼の前に自分で確認しておくべき水道のトラブル箇所

蛇口が閉まっているのに水が流れる音がする、水道料金が異常に高いなどで水回りのトラブルに気付くことがあります。水回りのトラブルは水道 修理のプロに依頼することが大切です。その際、どこから水が漏れているのかを事前にチェックしておく必要があります。

■水が漏れやすい所

水漏れが起きやすいのは、キッチンやお風呂、トイレ、洗面台など頻繁に水を使うところです。キッチンは、食材カスや油を排水ホースに流すことで詰まりが起こり、水が漏れる原因となります。お風呂はシャワーの出しっぱなし、髪の毛を排水管に流すことが原因で起きます。湿気が多いため、他の場所よりも水回り部品が劣化しやすい難点もあります。トイレはタンク内の接続不良、大量のトイレットペーパーやおもちゃなどの異物が原因となります。洗面台もお風呂場と同様、髪の毛や髪ゴムなどの異物が原因となります。そして、忘れがちなのが洗濯機です。洗濯機も排水ホースの接続不良や本体の不良により水漏れが起こることがあります。

■見えない箇所の特定方法

明らかに水漏れが分かるなら良いのですが、どこか確認できない時には水道メーターを使います。水を全く使っていないのにメーターが動いているなら、どこかで漏れています。水漏れが確認できたら、止水栓を利用して部位を探します。まず、水漏れの要因となりやすいキッチンやトイレのを止めます。パイロットが動いていることを確認したら、栓は止めたままにして違う箇所の止水栓を止めていきます。この手順を繰り返し、パイロットが止まった所だと断定できます。

■まとめ
水漏れを発見したら専門業者に修理を依頼します。しかしその前に箇所を特定し、水が漏れるのを止めるとよいでしょう。目視で確認できない時は、水道メーターや止水栓を利用することで確実に漏れているのがどこかを見つけることができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ