水道の劣化やつまりを防ぐことでトラブルや修理を回避

水道のトラブルが発生した際は、修理や部品交換などで多額の費用が発生する場合があります。それを防ぐためにも、日頃から正しい使い方に気を付ける必要があります。水回り部品の経年劣化は防ぎようがありませんが、つまりは正しい知識を身に付けて気を付けるだけで充分に防ぐことができます。

■つまりを起こさないために気を付けること

キッチンがつまる原因は、食材カスや油を排水管に直接流すことです。油は排水管の内部にこびりつき、食材カスを付着しやすくしてつまりの原因となります。そのため、油は直接排水管には流さず、念入りにふき取ることや、牛乳パックなどに集めて廃棄するように心掛けます。お風呂や洗面台の主な原因となるのは髪の毛です。ネットなどを利用し、髪の毛が直接流れない工夫が必要です。また、こまめに掃除をすることでつまりの原因となる細かなゴミや石鹸カスを取り除くことができます。

■水道部品の寿命を知って劣化を防ぐ

水漏れを引き起こす原因として、水道部品の劣化があります。一般的に、水道部品の寿命は約10年と言われます。これは、水漏れの原因となりやすく、使用している時に負荷が掛かりやすいパッキンの寿命が10年と言われているためです。パッキンが寿命を迎えるにあたり、その他の水道部品も10年を目安に交換することをおすすめします。特にキッチンなどの利用頻度が高い場所は、水のトラブルが発生しやすい場所でもあるため、常日頃から注意深く劣化に注目することが大切です。

■まとめ
つまりは水漏れを引き起こす大きな要因です。完全につまってしまった時は、素人では太刀打ちすることができず、プロに大掛かりな修理依頼をする必要があります。今は簡単につまりを改善する掃除道具や洗浄剤、グッズが販売されています。これらを日々の掃除に取り入れることで、つまりとは無縁の快適な生活を送れるようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ